当サイトについて、及びSNS等連絡先
取材、お仕事等のご依頼はこちら

戦国BASARA
竹中半兵衛の関節剣の作り方


材量
[型紙作り用材料]
工作用紙 5枚
-"Kousakuyousi"(one of hard paper in Japan) 5sheets

[主材料]
[Main materials]
ライオンボード、COSボード、コスプレボード等
→2mm厚(1.5mm厚でも可) 100cm X 10cm
→5mm厚 100cm X 20cm
工作用紙4枚
ボンドG17(G10でも代用可) 100ml
・合皮 100cm X 50cm
・紐 2m
・銀テープ 1ロール

[塗装用材料]
[Painting materials]
1.ジェッソ塗装の場合
ジェッソ 50ml
・ラッカー塗料(Mr.カラーラッカースプレー) or アクリル絵の具 適量※

2.Gボンド塗装の場合
ボンドG17(G10でも代用可) 100ml
ラッカー薄め液 100ml
・ハケ(使い捨ててしまってよいもの) 1個
・紙コップ、お椀等の容器(使い捨ててしまってよいもの) 1個
・ラッカー塗料(Mr.カラーラッカースプレー等) 適量※

材料費
2000円

道具
・筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン、マジック、定規)
・ハサミ
カッターナイフ(刃は特選黒替刃がオススメ、刃折器もあると便利)
カッターマット
グルーガン本体
ライター
マスキングテープ 1個
-Masking tape 1piece
筆等の塗装用具
-Paint tools, such as a paintbrush

持っているとより便利な道具
アートナイフPRO
アルテコスプレープライマー
瞬間接着剤を瞬時に硬化させる事ができ、非常に作業が捗るスプレー。
ダーツ等細かい接着時に大活躍。詳しくはこちら
←100ml ←180ml ←420ml

制作時間
6時間

スペック
-

型紙データ
PDF形式(A4サイズ) or JPG形式

・ブラウザ上から印刷すると実寸にならない場合があります。ファイルに保存した物を印刷してください。
・PDF形式はAdobe Reader(無料)というソフトを使って開いてください。
・JPG形式は倍率100%で印刷すると実寸になります。
・印刷後、スプレーのりで画用紙等に貼り付けて使うと扱いやすくなります。
・型紙の端にある方眼は実寸で印刷された事を確認するための目安です。
・型紙中のx1、x2といった記載はパーツの切り出し枚数です。(記載してない物もあります。)
尚、両肩、両足分必要等の場合は2倍の数を切り出してください。
・型紙中の2mm、5mmといった記載はライオンボード、COSボード、コスプレボード等の厚みです。(記載してない物もあります。)

造形作業時の注意
事故防止や健康の為に以下の事に配慮しましょう。

-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くでライターや熱を持つ道具を使わない事。

-工具のコンセントやスイッチは使い終わったらすぐにOFFにする事。

-材料や道具のラベルをよく読み、使い方を理解する事。

-不明点等あれば管理人「ギャクヨガ」までTwitterアーカイブMail等にて質問ください。



作り方
刃部分から作成。
工作用紙でくみ上げていくことにする。
まずは型紙作り。


型紙が完成したので、工作用紙にマーキング。


切り出し終わった。


セロハンテープ使って、ダーツ部分を接着する。(画面右の2個のやつ)
そして2枚分を張り合わせて1個の刃間接とする。(画面左に積んであるやつ)


中途半端なとこまで作って疲れたので、布団に倒れこんだ。
間接つないぐための糸。
タコ糸を利用。
そのままでは白色でおかしいので、MR.カラーの銀色を塗っておいた。


色付け。
銀色のテープ(ハンズで10m500円でうってた)を貼り込むことにした。
テープを貼り込む事による、パーツが分解してしまうの防止にもなる。


尚、先端部の内側の先っぽにホットボンドでさっきのタコ糸を固定しておいた。
(残りの間接は順次後で通していく。)


刃の中央の黒い部分。
これは合皮の後ろが粘着面になっている物を利用した。


↑で切り出した粘着面付き合皮を貼り付けた。


刃部分は一式できたので、タコ糸使って一つにつなげていく作業。
タコ糸を35cmごとに結び目を作っていく(青矢印部分)
この結び目で刃間接を1個1個固定してくのである。


刃間接の先端部分をハサミで軽く切って穴あけて、そこにタコ糸通す。
そして結び目と穴を瞬着で固定していく。(赤丸でかこんだ部分)
これで全てが繋がった。


刃は一式できたので、柄作成。
まずは持ち手の芯として、ハンズにうっている紙の筒の細いのを、
一番端っこの刃間接の中に押し込む。はずれてこない様にホットボンドを塗りこみながら。
尚、タコ糸のはしっこは芯の中に入れて、その中でホットボンドで固定しておいた。


で、鍔(つば)の部分の作成。
5mmライオン切り出して、↑の刃がさしこめる様に切れ目を入れた。


家紋をプリントアウト。
プリントアウトしたものの中央の白い部分をくりぬいて、それにあわせて線引けるとこは線引く。
引けない細かいところは見ながら引く。


マーキングした線をもとに細めの半田ゴテで家紋の模様をほりこんだら、
鍔に瞬着で貼り付け。
あわせて鍔の周りに2mmライオンを貼り付けてフチドリをしておいた。


鍔を刃の根元にさしこんで瞬着で固定。
  

刃の根元にくっついている装飾部分。
瞬着でくっつけたあと、ホットボンドで模様かいておいた。


持ち手の部分がただの棒のままではいくらなんでも細すぎなので、
工作用紙を適度な形に巻いた物をはりつけることにする。


ホットボンドも塗りつけながら、棒の部分に押し込んだ。


2mmライオンボードを切り出し。


工作用紙の持ち手と、ライオン両方にボンドG17塗る。


貼り付けた状態。
これから塗装するので、刃部分にはマスキングテープ貼って防護しておいた。


塗装開始。
まずは表面処理として、ボンドG17を塗る。


ラッカースプレーで塗装。


MR.カラーで本塗装。


刃の付け根の装飾部分は、
金色+銀色。


Youtube版と完成写真
Youtubeで当作例のダイジェスト版動画をUPしています。
こちらもご視聴頂けるとやる気に繋がるので有り難いです。
質問や感想があれば動画のコメント欄に記載してもらえれば返答させて頂きます。




分離状態。これを剣状態にするには


タコ糸を刃の内側におしこんで、間接同士を密着させ


押し込む。


剣状態。1メートル弱ぐらいある。



TOPへ戻る