ギャクヨガのプロフィールや連絡先

Gボンドを下地として塗る

-下地の効果
ライオンボード、COSボード、コスプレボード等に塗装をする際は、
下地を塗る事で下記の様に質を上げる事ができる。

・発色がよくなる
・塗装が剥げにくくなる
・ツヤが良く出る
・塗料のノリがよくなり塗料の消費量が減る

-ボンドG17を下地として塗る
注意 この手法はシンナーを大量に使う為気軽にできない。気軽にやりたいならジェッソ造形ベースがおすすめ

必要なものはまずボンドG17又はG10



そしてラッカー薄め液
似た様な商品で"ペイントうすめ液"という物や"難燃性ラッカー薄め液"
という商品もあるがこれらは全く別物なので注意。
よく分からなければ店員に聞くのが良い。
(尚、Gボンド専用の薄め液も商品としてはある様だが、ホームセンターの店頭では見かけた事がない)



塗り方。
ボンドG17又はG10ラッカー薄め液を3:2〜3:1程度の割合で混ぜる。
そこまで厳密に測らなくてもよい。
容器は茶碗か紙コップを使う。ラッカー薄め液は写真の様な別売りの蛇口を付けると良い。



詳しい作業工程は動画でご覧下さい。


尚、ラッカー臭は抜けるまでに3日程度かかるので、
風通しが良い所に数日並べておく。

-作例
*この作例の詳しい作り方はこちら


他にも作例をいくつか紹介。
薄めたボンドG17又はG10を重ね塗って乾燥中。


塗装後。
*この作例の詳しい作り方はこちら


薄めたボンドG17又はG10を重ね塗って乾燥中。


塗装後。
*この作例の詳しい作り方はこちら


補足1
上記解説では薄めたものを塗ってきたが、
作る物の風合いによっては薄めずにそのまま塗っても良い。
薄めていないので、表面がゴツゴツになってしまうが、
逆にゴツゴツになった方が味があっていい物の場合等にオススメ。
詳しくはこちら

補足2
何回も着ていると、よく可動する部分にシワができる。
近くで見ないと分からず、写真では判別できない程度。
この点については現状どうしようもなく、改良案を日々模索している次第。


-使用している塗料
[ラッカースプレー]
-販売店:ホームセンター、東急ハンズ
-値段:200円〜800円程度
スプレーにも種類があるが基本的にホームセンターで一番大きく扱われてるスプレーは
ラッカースプレーだと思って問題ない。
ラッカー性以外のものはその様に記載されている。("水性スプレー"等)



[TAMIYAカラースプレー、Mr.カラースプレー]
-販売店:おもちゃ屋の模型コーナー
-値段:500円程度
模型用のラッカースプレー。両者に特に違いはない。(メーカーが違う程度。)
1本500円程度と若干割高だがそのかわり色数多め。



[Mr.カラー]
-販売店:おもちゃ屋の模型コーナー
-値段:120円程度

定番の模型用塗料。筆かエアブラシを使って塗装する。
さほど匂いはないので室内でも気軽に使える。
同じ形状のビンで"水性ホビーカラー"という商品が売られているので買い間違えない様に注意。



-塗装に必要な道具
塗装に必要な道具についての詳細はこちらで解説。

作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

TOPへ戻る