当サイトについて、及びSNS等連絡先
取材、お仕事等のご依頼はこちら

ジェッソ塗装とは

-下地を塗り質を高める
ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)に塗装をする際は、
下地を事前に塗る事で下記の様に質を上げる事ができる。

・発色がよくなる
・塗装が剥げにくくなる
・ツヤが良く出る(ツヤ消しに仕上げたい場合はツヤ消し塗料を使えばよい)
・塗料のノリがよくなり消費する塗料の量を節約できる

(下地を塗らなくても塗装はできる。質を求めるなら下地を塗るとよい。)

-ジェッソとは
ジェッソとはアクリル絵の具用の下地剤である。
中身はドロドロの液体。
これを使えば簡単に下地処理できる。
臭いも特に無く、部屋で気軽に使える。

-販売店:画材店、東急ハンズ
-値段:300ml入り1500円程度(他にも様々な容量有り)

ジェッソには色が2種類あり白と黒の物がある。
白の物は単純に"ジェッソ"、黒の物は"ブラックジェッソ"という商品名である。
明るい色合いに仕上げる場合は"ジェッソ"、暗い色合いに仕上げる場合は"ブラックジェッソ"を使う。

使い方は簡単で筆で対象物に塗るだけである。
使用後は筆は水洗いすれば良い。

様々な容量の商品がある。詰め替えパックも有り。
Amazonなら送料無料。
or

-塗り方
ジェッソ(ブラックジェッソ)をライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)に筆で2,3度塗り重ねる。


4,5時間放置して乾燥させる。(気候により1,2時間で乾く事もあるが4,5時間は放置したほうが無難。)
ラッカー塗料(ラッカースプレーMr.カラー)かアクリル絵の具を塗装する。
塗り終わったら1時間程度は乾燥のために放置する。
可能なら、1日は触らず放置しておいた方が良い。
以下は色の違いが分かる様に様々な組み合わせで塗ったサンプルである。




作例。
ジェッソ(ブラックジェッソ)をライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)に筆で2,3度塗り重ねる。


ラッカースプレーMr.カラーを塗装する。
*この作例の詳しい作り方はこちら


*この作例の詳しい作り方はこちら


*この作例の詳しい作り方はこちら


*この作例の詳しい作り方はこちら


塗装後は上記写真の様にある程度ツヤが出る。
さらにツヤツヤしにしたい場合はジェルメディウムという物を併用すると良い。

-ジェルメディウムとは
ジェルメディウムジェッソと同様にアクリル絵の具用の下地剤である。
中身は白いペースト(イメージとしては木工用ボンドが近い)。
乾燥すれば透明になりツヤ有りになる。
ジェッソと同様に臭いも特に無く、部屋で気軽に使える。

-販売店:画材店、東急ハンズ
-値段:300ml入り1500円程度(他にも様々な容量有り)


使い方。
ジェッソ(ブラックジェッソ)をライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)に筆で2,3度塗り重ねる。
ジェッソが乾燥したら、ジェルメディウムを筆で塗る。


4,5時間して乾燥するとこの様に透明になる。
この状態からラッカー塗料(ラッカースプレーMr.カラー)かアクリル絵の具を塗る。


塗装後の例。




実際の作例。
まずはブラックジェッソを筆で2,3度塗り重ねる。


ジェッソが乾燥したら、ジェルメディウムを筆で塗る。


塗装し終わった。
*この作例の詳しい作り方はこちら


*この作例の詳しい作り方はこちら


*この作例の詳しい作り方はこちら


*この作例の詳しい作り方はこちら


補足
紹介した全てのパターンの色見本を用意した。




-使用するべき塗料
[ラッカースプレー]
-販売店:ホームセンター、東急ハンズ
-値段:200円〜800円程度
スプレーにも種類があるが基本的にホームセンターで一番大きく扱われてるスプレーは
ラッカースプレーだと思って問題ない。
ラッカー性以外のものはその様に記載されている。("水性スプレー"等)



[TAMIYAカラースプレー、Mr.カラースプレー]
-販売店:おもちゃ屋の模型コーナー
-値段:500円程度
模型用のラッカースプレー。両者に特に違いはない。(メーカーが違う程度。)
1本500円程度と若干割高だがそのかわり色数多め。



[Mr.カラー]
-販売店:おもちゃ屋の模型コーナー
-値段:120円程度

定番の模型用塗料。筆かエアブラシを使って塗装する。
さほど匂いはないので室内でも気軽に使える。
同じ形状のビンで"水性ホビーカラー"という商品が売られているので買い間違えない様に注意。



[アクリル絵の具]
-販売店:画材店、東急ハンズ
-値段:300円〜

本来ジェッソジェルメディウムアクリル絵の具の為に存在する物なので相性は抜群。
色数の豊富さや鮮やかさも前述の塗料と比べ郡を抜く。
いろんなメーカーが存在するが扱っている色が違う程度の違いしかないので、
メーカーを気にせず好みの色を買い揃えれば良い。



-塗装に必要な道具
塗装に必要な道具についての詳細はこちらで解説。

造形作業時の注意
事故防止や健康の為に以下の事に配慮しましょう。

-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くでライターや熱を持つ道具を使わない事。

-工具のコンセントやスイッチは使い終わったらすぐにOFFにする事。

-材料や道具のラベルをよく読み、使い方を理解する事。

-不明点等あれば管理人「ギャクヨガ」までTwitterアーカイブMail等にて質問ください。

TOPへ戻る