艦隊これくしょん〜艦これ〜
天龍の艤装
船部の作り方(型紙付き)
その6 塗装



その5 ライト、組立棒へ戻る

作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
下記の様な防毒マスクを着用する事。ギャクヨガはスプレー塗装時等はマスクは絶対つけてます。

↑マスク本体とフィルター(こちらの本体にはフィルタは付いてないのでセットで買うこと)

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。


塗装
塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


ギャクヨガは細かいところは10mm幅(左の商品)、広い所は30mm幅(右の商品)を使ってます

カッターナイフ等で不要な箇所を切る。


切り終わった。


塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


塗装を開始する。
まずはCOSボード、コスプレボード等に下地を塗る。
下記の様なメリットがある。

・発色がよくなる
・塗装が剥げにくくなる
・ツヤが良く出る
・塗料のノリがよくなり塗料の消費量が減る

主な下地をいくつか紹介する。

1.造形ベース
とても手軽で万能なコスプレ造形用下地。
ギャクヨガが現在メインに使っている下地はこれ。
迷ったらこれ。

【オススメポイント】
・シンナーを含まず無臭の為、室内で作業可能
・塗装が剥がれにくく、ツヤもよく出る
・乾燥が早め

【注意点】
・詰め替えパッケージや大容量パッケージがないので、大量消費する場合は若干コスパは悪め
・逆にちょっとだけ使いたい場合でも現状は300g入りの商品を買うしかない模様

【商品ページ】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

造形ベース 300g
価格:1430円(税込、送料別) (2019/10/23時点)


2.ジェッソ
こちらもお手軽な下地。
ツヤは少なめなのでつや消し気味に仕上げたい時に使う事が多い。

【オススメポイント】
・筆で塗るだけでとても簡単
・シンナーを含まず無臭の為、室内で作業可能
・塗料としてアクリル絵の具も使える
・いろんな色の商品がある、白、黒等

【注意点】
・他の下地より剥げやすいので、主に武器や可動部が無い防具向け。
・他の下地よりツヤは少し少なめ

【商品ページ】
or

3.ガイアスプレー
スプレータイプの下地。

【オススメポイント】
・スプレーで手軽に塗れる
・無色ではなく色もついてる
・伸縮性があり曲げに強い

【注意点】
・値段が高い
・スプレーなので室内で使う事はオススメしない

【商品ページ】


4.水で薄めた木工用ボンド
手軽に手にはいる物で無臭なので誰でも使える。

【オススメポイント】
・ホームセンターや100均で容易に入手可能

【注意点】
・乾くのにかかる時間が長め

【商品ページ】


5.薄めたGボンド
ホームセンターで売っている材料だけでできる下地なので入手しやすいがとても扱いづらい。
昔ギャクヨガ自身もよく使っていたが今は造形ベースをメインに使う様になり使わなくなった。

【オススメポイント】
・ホームセンターで買える
・塗装が剥がれにくく、ツヤもよく出る
・他の下地と違い、水道パイプやプラスチック板にもしっかりと定着する

【注意点】
ラッカー薄め液で薄める必要があり面倒
・シンナー臭が充満し室内で行うのは厳しい
・引火性が高く気軽に扱えない
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
火がつくとあっという間に炎上し、黒コゲになる。

【作業工程動画】


【商品ページ】
&

・使用する塗料について
下記の様な塗料を主に使用する。


ジェッソを使う場合はアクリル絵の具も使用可能。



以降の解説はジェッソを使ったものとなる。


ジェッソをハケで2,3度塗り重ねる。
2から6時間乾燥させる。


2から6時間乾燥させる。


2から6時間乾燥させる。


2から6時間乾燥させる。


2から6時間乾燥させる。


2から6時間乾燥させる。


2から6時間乾燥させる。


ベースカラーとしてラッカースプレーで灰色を塗装する。


ベースカラーとしてラッカースプレーで灰色を塗装する。


ベースカラーとしてラッカースプレーで灰色を塗装する。


ベースカラーとしてラッカースプレーで灰色を塗装する。


ベースカラーとしてラッカースプレーで灰色を塗装する。


ベースカラーとしてラッカースプレーで灰色を塗装する。


塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


ラッカースプレーで黒を塗装する。


ラッカースプレーで黒を塗装する。


ラッカースプレーで黒を塗装する。


ラッカースプレーで黒を塗装する。


ラッカースプレーで黒を塗装する。


ラッカースプレーで黒を塗装する。


マスキングテープをそっと剥がす。


マジックで筋を書く。


マジックで筋を書く。


筆でMr.カラーの黒を塗装する。


ビン入りのMr.カラーを塗る際は、筆、調色用のシリコンカップ(乾燥後に剥がせるので便利)、調色用スティック、
うすめ液(洗浄も行える)があればよい。



筆でMr.カラーの金色をドライブラシ塗装する。


ドライブラシ塗装は筆で簡単にできる。
詳細はこちらを読むか動画でご覧ください。


筆でMr.カラーの銀色を塗装する。


塗料を付着させたくない箇所にマスキングテープを貼り付ける。


ラッカースプレーで白を塗装する。


エアブラシMr.カラーの紫色を塗装する。





●初心者にオススメ
安価なUSB充電式エアブラシ。
これ一つでエアブラシ塗装が手軽に行えます、60分充電すれば45分稼働できます。
エアブラシ塗装を手軽に始めるならまずはこれ。


●本格的に始めるなら
Mr.カラーを作っているクレオスのエアブラシセットです。
エアブラシ塗装に必要なものが一式セットになった定番商品です。
ギャクヨガも昔使ってました。
電源はコンセント接続です。



●ギャクヨガが使っている物を使いたいなら
性能は高いですが高価です。
ホースは別途購入が必要です。



エアブラシMr.カラーの白を塗装する。


エアブラシMr.カラーの紫色を塗装する。


布を切る。


グルーガンで接着する。


ギャクヨガが愛用しているグルーガンです、口が広くてとても使いやすい!

その7 装着方法編へ続く

完成










































着用者は友人のマロパピさん。
マロパピさんとの合作、造形部以外はマロパピさん製。
マロパピさんTwitter blog