当サイトについて、及びSNS等連絡先
取材、お仕事等のご依頼はこちら

布地用ワッペンや家紋の作り方、模様の書き方

-十字架型のワッペン1


工作用紙を使って型紙を作る。



型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
合皮を切り出す。
端を白いマジックで塗る。
ボンドG17又はG10グルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
もしくはミシンで縫う。
完成。



-十字架型のワッペン2


工作用紙を使って型紙を作る。
型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
合皮を切り出す。


白いグルーガン(ホットボンド)でフチドリをする。
ボンドG17又はG10グルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
もしくはミシンで縫う。
完成。



-軍のワッペン1


工作用紙を使って型紙を作る。
型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
マジックで模様を書く。
型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
合皮を切り出す。


2mm厚又は1.5mm厚のライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を切り出す。
瞬間接着剤で貼り合わせる。
ボンドG17又はG10グルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
もしくはミシンで縫う。
完成。


【1.5mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)をAmazonで買う】
リアラボードという商品名ですがこれが俗に言うライオンボードです。
私もこの商品を使っています。


裏面がシールになってて接着剤を使わず貼り付け可能、装飾等にオススメ。


【1.5mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を楽天で買う】


【1.5mm厚COSボードを楽天で買う】


【1.5mm厚COSボードをネット通販で買う】


-軍のワッペン2


イラストをスキャナで取り込み拡大コピーして型紙にする。


型紙が完成した。


型紙が完成した。


型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
布を切り出す。


切り出し終わった。


型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
合皮を切り出す。


型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
布を切り出す。


ミシンで縫う。


ミシンで縫う。


ミシンで縫う。
完成。


-十字架ワッペン3


2mm厚又は1.5mm厚のライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を切り出す。
瞬間接着剤で貼り合わせる。



グルーガン(ホットボンド)でビョウの様なパーツを再現する。


塗装する。


塗装し終わった。


もう1つのパーツも同様の流れで作る。


ボンドG17又はG10グルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
完成。


-家紋


イラストをスキャナで取り込み拡大コピーして型紙にする。


型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
合皮を切り出す。
ボンドG17又はG10グルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
もしくはミシンで縫う。


ペンで模様をマーキングする。


マーキングに合わせてマジックで模様を書く。


描き終わった。
完成。


-服の縦筋模様


マジックで縦筋を書く。
完成。


-フードの顔の様な模様


フェルトを切り出す。



白のミシン糸で一気に縫う。
マジックで色が目立つミシン糸を塗りつぶす。


マジックで目の周りの点を書く。
完成。


-炎の模様


炎の形に切った合皮をミシンで縫う。
裾は縫わないこと。


マジックでギザギザ模様を書く


ギザギザ模様に合わせてミシンで縫う。


ミシンで縫ったすぐ下の位置を切る。
完成。


-ランニングシャツの模様


パソコンで模様をデザインする。


Tシャツ用アイロンプリントに模様を印刷し転写する。



転写し終わった。
完成。


-中華風垂れの模様1


工作用紙を使って型紙を作る。


型紙を使って模様をペンでマーキングする。


マーキングし終わった。


アクリル絵の具を塗る。
完成。



合皮を切り出す。
ボンドG17又はG10グルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。


布用マジックで模様を書く。
完成。



工作用紙を使って型紙を作る。
型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
合皮を切り出す。


ボンドG17又はG10グルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。


マジックで羽や尾の筋模様を書く。
完成。


-中華風垂れの模様2


アクリル絵の具で模様を書く。
完成。


布用マジックで模様を書く。
完成。


-中華風垂れの模様3


金色ラメのグルーガン(ホットボンド)で模様を書く。
完成。



金色ラメのグルーガン(ホットボンド)で模様を書く。
完成。


作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

TOPへ戻る