当サイトについて、及びSNS等連絡先
取材、お仕事等のご依頼はこちら

モンスターハンター
肉焼きセットの作り方

※当ページは、 サイトが現体制になる前にまとめた物です。
よって、文章が荒いですがご容赦ください。

作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

作り方
***こんがり肉***
ハンズの紙筒のはしっこに2mmライオン(ソフトボード)をボンドでくっつけておいた。
筒むき出しでもいいのだが、それだと表面がツルツルになってしまって面白みないのでね。
2mmライオン(ソフトボード)はっときゃ、表面ガタガタにしたりとか演出できるから。
ちなみにこの紙筒の片側は穴開いた状態のままにしておく。
後でハンドル差し込める様にするため。


**********************************************************************


コスプレ造形では主に柔らかくて曲げる事ができる板状素材を材料として使う。
(イメージ的には風呂のマットの様な物)
様々な商品が存在がする。
コスプレイヤーがよく使う商品をいくつか紹介する。

1.ライオンボード(リアラボード、ソフトボード)
光洋産業が製造しているボード。
ライオンボードは旧商品名であり現在は、
リアラボード、ソフトボード、コーヨーソフトボードといった商品名で販売されている。
しかしながら今も旧商品名のライオンボードと呼ばれる事が多い。
白や黒といったカラー種別、様々な厚みやサイズ種別、シール付き等様々なバリエーションがある。
具体的な商品ラインナップについてはCosPropのサイトをご覧ください。

主な取扱店は以下の通り。
Amazon
CosProp(ネット通販)
東急ハンズ(店頭販売、及びネット通販)
佐々木商店
・各種コスプレ関連インターネットショップ
・アニメイト、らしんばん等の一部のアニメ系ショップでの店頭販売
・一部のコスプレ関連ショップでの店頭販売
・一部の生地、手芸店(ユザワヤ等)での店頭販売
・一部の画材店での店頭販売
・一部の美術系大学の売店での店頭販売
・一部の大型ホームセンターでの店頭販売

こちらのページでライオンボードを使った作例等、更なる詳細を解説。

2.COSボード
クラッセが販売する商品。
表面がとてもきめ細やかなのが特徴。
白や黒といったカラー種別、様々な厚みやサイズ種別、シール付き等様々なバリエーションがある。
具体的な商品ラインナップについてはクラッセのサイトをご覧ください。

主な取扱店は以下の通り。
クラッセ(ネット通販)
キャラヌノ(ネット通販)
エチカ(楽天市場)
・東急ハンズ池袋店(店頭販売)
・ACOS名古屋店(店頭販売)
・ACOS池袋本店(店頭販売)
・ACOS秋葉原店(店頭販売)
・アニメイト札幌店(店頭販売)
・アニメイト仙台店(店頭販売)
・アニメイト新潟店(店頭販売)
・アニメイト大阪日本橋店(店頭販売)
・らしんばん池袋本店衣装館(店頭販売)
・まんだらけ梅田店(店頭販売)
・ヴィレッジヴァンガードイオンモール岡山店(店頭販売)
COS-LOG(店頭販売)

こちらのページでCOSボードを使った作例や、更なる詳細を解説。

3.コスプレボード
コスプレファクトリーが販売する商品。
表面がとてもきめ細やかなのが特徴。
白や黒といったカラー種別、様々な厚みやサイズ種別、シール付き等様々なバリエーションがある。
具体的な商品ラインナップについてはコスプレ ファクトリーのサイトをご覧ください。

主な取扱店は以下の通り。
Amazon
コスプレ ファクトリー(楽天市場)
新宿オカダヤ(店頭販売、及びネット通販(楽天市場))
・仮装堂(店頭販売)

こちらのページでコスプレボードを使った作例や、更なる詳細を解説。

4.EVAスポンジシート
100円ショップのダイソーで販売されている商品。
100円の為サイズが小さく商品バリエーションは少ないが、
全国各地のダイソーで手に入る為入手が容易なのが特徴。

こちらのページでより詳細に解説。

その他
他にも様々な商品が存在する、詳細はこちら
**********************************************************************


当作例はライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を使用した。


【5mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)をAmazonで買う】
リアラボードという商品名ですがこれが俗に言うライオンボードです。
私もこの商品を使っています。


裏面がシールになってて接着剤を使わず貼り付け可能、装飾等にオススメ。


【5mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を楽天で買う】


【5mm厚COSボードを楽天で買う】


【5mm厚COSボードをネット通販で買う】


【1.5mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)をAmazonで買う】
リアラボードという商品名ですがこれが俗に言うライオンボードです。
私もこの商品を使っています。


裏面がシールになってて接着剤を使わず貼り付け可能、装飾等にオススメ。


【1.5mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を楽天で買う】


【1.5mm厚COSボードを楽天で買う】


【1.5mm厚COSボードをネット通販で買う】


【10mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)をAmazonで買う】
リアラボードという商品名ですがこれが俗に言うライオンボードです。
私もこの商品を使っています。


裏面がシールになってて接着剤を使わず貼り付け可能、装飾等にオススメ。


【10mm厚ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を楽天で買う】


【10mm厚COSボードを楽天で買う】


【10mm厚COSボードをネット通販で買う】



**********************************************************************

まず、刃をOLFA社の特選黒替刃に変更することを推奨する。
ホームセンターで販売されている。
この刃は切れ味が通常の刃とは別次元。
特に斜め切りをする場合に威力を発揮する。
私は長年この黒刃しか使っていない。
尚、カッターナイフには大サイズと、小サイズが存在するが、
上記写真の様な大サイズの方が力が入れやすくてオススメ。
←10枚入り ←50枚入りお得パック

切断時はライオンボード、COSボード、コスプレボード等カッターマットに置き、
手でおさえながら切断する。
ライオンボード、COSボード、コスプレボード等を手で持ち、空中で切るのはNG。
刃の切れ味が落ちたと思ったらこまめに刃を折る。

作業をはかどらせたいなら、内部に刃を6枚収納できる連発式カッター
簡単に刃を折る事ができる刃折器を併用すると良い。


カッターナイフでは切りにくい細かな模様等を切る際はアートナイフPROを使うとよい。

**********************************************************************






段ボールを適当にきったりはったりしてそれっぽい形にホットボンドで巻きつける。


その上からさらにライオンボード(ソフトボード)の切れ端をひたすらホットボンドで
貼り付けまくり。



一通り段ボール見えなくなるまで貼り付けまくった。


隙間が大量なので、ホットボンドで埋めた。
埋めた部分が目立ちそうだが、実際の肉も脂身がこういう風になっていたりするので
自然な演出になるのではないかなぁと。

あとははしっこの骨のでっぱった部分を1cmライオン(ソフトボード)とかはりつけて演出。


ライターであぶったりしてさらに整形。
これにて整形完了。


塗装の下地処理として、ボンドG17を塗った。
いつもはラッカー薄め液で薄めるわけだが今回はほんのちょっと薄めただけ。

ライオンボード、COSボード、コスプレボード等に下地を塗る。
下記の様なメリットがある。

・発色がよくなる
・塗装が剥げにくくなる
・ツヤが良く出る
・塗料のノリがよくなり塗料の消費量が減る

下地は主に2種。
-------------------------------------------------------------------------------------------
1.ジェッソ
お手軽、万人向。

【メリット】
・筆で塗るだけで簡単
・シンナーを含まず無臭の為、室内で作業可能
・塗料としてアクリル絵の具も使える

【デメリット】
薄めたGボンドより剥げやすい(可動部は特に)
水道パイプやプラスチック板には非対応

【オススメ】
・武器
・稼働部の無い防具

【下地剤】
ジェッソorブラックジェッソ
or

【塗料】
ラッカースプレーMr.カラー or アクリル絵の具
or
-------------------------------------------------------------------------------------------
2.薄めたGボンド
面倒だけど万能。

【メリット】
・ホームセンターで買える
・塗装が非常に剥がれづらい
水道パイプやプラスチック板にも対応

【デメリット】
・薄める必要があり面倒
・シンナー臭が充満し室内で行うのは厳しい
・引火性が高く気軽に扱えない
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
(火がつくとあっという間に炎上し、黒コゲになる。)

【オススメ】
・何でもOK
(動きの激しい防具等に特にオススメ)

【下地剤】
ボンドG17又はG10ラッカー薄め液で薄めた物
←甲冑等の大物なら ←小物なら

【塗料】
ラッカースプレーMr.カラー

-------------------------------------------------------------------------------------------

以降の解説では薄めたGボンドを使うが、
初心者やシンナーが使えない環境の方はジェッソがオススメ。

作るものが有機物というか肉なだけに、ボンドによるボコボコも演出になるだろうとおもって
わざとそうした。


ボンド乾いたらこんな感じ。
で続けてスプレーで真っ黒に塗装しておく。


こげ茶色のスプレーで表面を塗装した。
なんか焦げ肉的な色だなぁ・・・
ていうか冷静に考えれば”焦げ茶色”
あたりまえである・・・


***肉焼き機***
こちらは肉焼きの棒の根元の部分。
本当は火を炊く炉があってその左右から生えているのだが、現状家にある素材と、
残された時間的にそんなものを作る余裕はないのでそれっぽいものを作ろう。

家にあったスチレンブロックをそれっぽい形に切り出す。


ハンズの紙棒に自遊自在をさしこんでY型に。


家にころがってた黄色のクリア板を炎の形に切り出し。
はしっこを赤塗料でぬって炎っぽくする。
地面にたつ様に根元に本立てをガムテでくっつけておいた。(テキトーw)

こんがりに肉の右側は前述の通り、穴開いたままなのでそこにハンドル
(といっても自遊自在に銀色ガムテはっただけのもの)をさしこむ。

これにて一式完成。











肉焼き機が時間ないなか作ったいい加減なものだったので続きを作る。
とりあえず円形に5mmライオン(ソフトボード)を組んだ。
液状の瞬間接着剤で接着する。
瞬間接着剤効果スプレー(アルテコスプレープライマー)も併用すると数秒で貼り付き作業がはかどる。
(使用時に蒸気が発生する場合があるが、蒸気は吸わない、目にいれない様に注意)


**********************************************************************


瞬間接着剤は平面同士の接着は容易に貼り付く。
しかし、下記の様なダーツ面等の狭い面の接着時は全然くっつかない。


そういった場合は以下に紹介するスプレーを使うとよい。
私は常用している。
効果が良く分かる様に動画をご覧ください。

瞬間接着剤硬化スプレー
これをふきかければ数秒で瞬間接着剤が硬化する。
100mlあれば全身甲冑1セット分、武器なら2,3本程度分使える。
420mlには細かい作業に便利な細長いノズル付き。

青いパッケージの商品(WAVE社製)は玩具屋で購入可能。
茶色いパッケージの商品(アルテコ社製)はホームセンターで購入可能。
←100ml ←180ml ←420ml

瞬間接着剤に関して
瞬間接着剤は、液体瞬間接着剤なら何でもOK。
私は100均の商品を利用。
アロンアルファなら大容量のこの商品がオススメ。


瞬間接着剤以外の物で貼り合わせる場合
ボンドG17又はG10で接着する事も可能、ダーツ面もOK。
但し、多少手間がかかる。
また、後述の薄めたGボンドを下地として使う際に接着面が溶ける事があるので注意。
(ジェッソを利用するなら問題ない)

**********************************************************************



天板の展開図作成。こういう部分の展開図が一番つくるのむずい・・・
とりあえず8分の1ぐらいのものをためしにつくって、


もんだいなければそれを8個分抜いて一つにしてみる。
そんな作業の繰り返しでこういうタイプの展開図は作っている。
何かこう公式とかで求められる気がするのだが、それを調べるのが面倒で・・・


天板。


くっつけた。


裏側はホットボンドでガッチリくっつけてある。


肉焼き機の棒の部分を固定するところの製作。
前に作ったいい加減なやつをそのまま捨てるのはもったいないので使えるところは再利用。


こんな感じでスチレンに穴あけたものを積み上げていってライオン(ソフトボード)で外を囲う。


形になった。これを本体にくっつける。


本体にホットボンドでつけて、ためしに棒をさして肉おいてみた。
だいぶそれらしくなったかな。


肉焼き機の炉といえばやはり石でできてるのかなと思う。
以前から興味のあったメディウムを塗って表面の雰囲気を作り出してみようと思う。

つかったのはリキテックスのレジンサンドというやつ。
(2本かってきたが1.2本ぐらいしか使わなくていっぱいあまってしまった)
ザラザラしたペースト状のものが中にはいってる。


とりあえず試しに塗りつけてみたが、伸びが悪くとてもじゃないがこんな広い面積に
ぬれたものではないのでジェルメディウムと半々ぐらいで混ぜてぬることにした。
半分に薄まるとザラザラ成分がいまいち薄くならないかとおもったが別に問題じゃなかった。


塗り終わり。
白いからこんなの見てもわからんよなぁ。
まぁとにもかくにもこれで塗り終わった状態。


棒の方もまんまだと面白くないのでホットボンド塗りたくり。


昨日ぬりつけたのは乾いたが、その前にハンドル作ってないのでそれつくる。

画用紙つかって設計図つくって1cmライオン(ソフトボード)で2枚分作る。


切り抜き完了。


ホットボンドで1枚に貼り合わせ。もち手の部分は紙の筒利用。


ハンドル完成。
これだけで肉はさんで空回りせず回せるの?
と思うかもしれないが、はさんだ部分の内側にホットボンドを塗りたくってあるのがポイント。
ホットボンドがすべり留めになって挟むだけで、キレイにグルグル回せる。





ハンドルと棒の部分だけはボンドG17で下地処理してから黒ラッカースプレー。
炉の部分はすでにサンドメディウムで処理してあるので直接黒ラッカースプレー。
ムラムラな色合いに完成させるつもりなので下地である黒塗装も結構ムラムラにいい加減。


MRカラーの白+黒で作った灰色を塗っていく。
同じ色だけだとおもしろくないので、黒の率を調整しながら3段階ぐらい色調もたせて
塗った。
その後汚れ的演出として茶色をところどころにこすりつけ。
まぁこんな感じかなと。


棒の部分は銀+茶色だっかで塗ったはず。
なんか気に食わなくて何度も塗りなおしたからよう覚えとらん。


最後にビニール紐をばらしてつくった炎をつけて終わり。
ちなみにこれどうなっているかというと・・・
釣り糸で左右の棒から釣っているというわけ。


で、炉の中にはこのミニ扇風機をいれて風をふかせて、
炎をビラビラーってさせる。しょぼいけどw


お願い
最近はYoutubeで積極的に活動しております。
気軽に見れるダイジェスト版作り方動画をUPしています。
こちらのご視聴、及びチャンネル登録もして頂けるとやる気に繋がるので大変有り難いです。
↓のボタンをクリックして開いた画面で"チャンネル登録"を押して下さい。










TOPへ戻る