ギャクヨガのプロフィールや連絡先

平らな面に合皮を貼り付ける

革風ポーチやベルトを作る際はライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)
合皮を貼り付ける。

-基本的な貼り付け方
合皮をライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)の端から2cmぐらい余らせてカッターナイフで切り出す。



切り出し終わった


合皮、ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)ボンドG17又はG10を塗り伸ばす。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
小さいパーツの場合は割り箸やヘラで塗り延ばす。
大きいパーツの場合はライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)
切れ端を利用して塗る。
尚、ボンドG17又はG10がダマになっている部分があればすくいとってしまう事。
ダマになった部分は乾燥後ボコボコになる原因となる。



合皮の裏地に対しても同様に塗る。


ボンドG17又はG10が生乾きになるまで数分待機。
ボンドを塗ったからといってすぐに貼り付けてはいけない。
すぐに貼り付けるとボコボコになる原因になる。
5〜10分待ってから貼ること。
あわせて私が行なっている、手ごろなタイミングを計る方法を解説する。

指で軽くさわって、指にボンドG17又はG10がついたらまだ早い。
←NG

指で軽くさわって、指にボンドG17又はG10がつかなくなったらOK。
←OK

ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を合皮の中心に貼り付ける。

ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を手の甲などで内側から外側へむかってしっかりと押してやる。


ひっくり返して、今度は表側から押してやる。


瞬間接着剤ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)の端付近に塗る。


ある程度塗ったら手で少しづつ合皮を折り返して貼り付ける。


残りの辺も同様に貼り付けたら完成
裏側。


表側。


-カーブに貼り付ける場合
一定間隔ごとに合皮に切れ目を入れる(赤線のあたりまで入れる)。
*途中までの作業は前項と同内容なので省く


瞬間接着剤で貼り付ける。


-内側に穴がある場合


合皮をはりつけて外側の4辺を折り返す。
*途中までの作業は前項と同内容なので省く


切れ目を入れていく


瞬間接着剤ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)の断面部分に塗る。


合皮を折り返して、ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)の断面部分に貼り付ける
隅のどうしてもライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)が見えてしまう部分は
黒いマジック等を塗ってごまかしておくと良い。


表側。


・ボコボコになってしまった例


作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

TOPへ戻る