平らな面に合皮を貼り付ける

革風ポーチやベルトを作る際はCOSボード、コスプレボード等
合皮を貼り付ける。

-基本的な貼り付け方
合皮をCOSボード、コスプレボード等の端から2cmぐらい余らせてカッターナイフで切り出す。








切り出し終わった


合皮、COSボード、コスプレボード等ボンドG10又はG17を塗り伸ばす。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
小さいパーツの場合は割り箸やヘラで塗り延ばす。
大きいパーツの場合はCOSボード、コスプレボード等
切れ端を利用して塗る。
尚、ボンドG10又はG17がダマになっている部分があればすくいとってしまう事。
ダマになった部分は乾燥後ボコボコになる原因となる。



合皮の裏地に対しても同様に塗る。


ボンドG10又はG17が生乾きになるまで数分待機。
ボンドを塗ったからといってすぐに貼り付けてはいけない。
すぐに貼り付けるとボコボコになる原因になる。
5〜10分待ってから貼ること。
あわせて私が行なっている、手ごろなタイミングを計る方法を解説する。

指で軽くさわって、指にボンドG10又はG17がついたらまだ早い。
←NG

指で軽くさわって、指にボンドG10又はG17がつかなくなったらOK。
←OK

COSボード、コスプレボード等を合皮の中心に貼り付ける。

COSボード、コスプレボード等を手の甲などで内側から外側へむかってしっかりと押してやる。


ひっくり返して、今度は表側から押してやる。


瞬間接着剤COSボード、コスプレボード等の端付近に塗る。


ある程度塗ったら手で少しづつ合皮を折り返して貼り付ける。


残りの辺も同様に貼り付けたら完成
裏側。


表側。


-カーブに貼り付ける場合
一定間隔ごとに合皮に切れ目を入れる(赤線のあたりまで入れる)。
*途中までの作業は前項と同内容なので省く


瞬間接着剤で貼り付ける。


-内側に穴がある場合


合皮をはりつけて外側の4辺を折り返す。
*途中までの作業は前項と同内容なので省く


切れ目を入れていく


瞬間接着剤COSボード、コスプレボード等の断面部分に塗る。


合皮を折り返して、COSボード、コスプレボード等の断面部分に貼り付ける
隅のどうしてもCOSボード、コスプレボード等が見えてしまう部分は
黒いマジック等を塗ってごまかしておくと良い。


表側。


・ボコボコになってしまった例



ご支援のお願い
ギャクヨガがあなたの制作の支援になりましたら、
ギャクヨガをご支援いただけると助かります(*^^*)


商品を当方へ送る事ができます、材料等まとめてます。
ご支援者様には、直筆サイン入り名刺とお手紙を送らせて頂きます。
総額5000円以上のご支援にはグッズ※を贈呈致します。


メッセージ付き投げ銭サービス、登録不要で手軽に送れます。
クレジットカード、GooglePay対応。
1000円以上のご支援には、直筆サイン入り名刺とお手紙を送らせて頂きますので、
メッセージに住所氏名をご記入下さい。
5000円以上のご支援にはグッズ※も贈呈致します。

ご支援額が一定額到達ごとにオリジナルグッズを1点づつ贈呈します。
何度かご支援頂いた際は総額にあわせ贈呈します。

以下、御礼。
2021年9月1日
Amazonほしいものリストを通じAmazonギフト券をご支援頂きました。
ありがとうございましたm(_ _)m (お名前は本名のため伏せさせて頂きました)
夏休みの工作でマスターソードを作られたそうでお役にたてて嬉しい限りです(*^^*)
夏休みの思い出になれば嬉しいです♪
後日お礼の手紙と名刺送ります。


2020年9月1日
OFUSEを通じて投げ銭のご支援頂きました、
ナミグクさんありがとうございました。
夏休みの工作でマスターソードを作られたんですね♪
お子さんが気に入ってくださったとのことでとても嬉しいです(*^^*)
またぜひ何かあれば作ってみてくださいね。
体調に気をつけて今後もがんばります(`・ω・´)ゞ


2020年8月10日
OFUSEを通じて投げ銭のご支援頂きました、
じたかつさんありがとうございました。
親子ではまっている作品のダイの剣を作られているなんて
とても素晴らしい事でいいですね(*^^*)
夏休みの良い思い出になればと思います♪
後日お手紙と、名刺を送らせていただきます。


他にも多くの方々からのご支援ありがとうございました。過去のご支援へのお礼はこちら。

作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
下記の様な防毒マスクを着用する事。ギャクヨガはスプレー塗装時等はマスクは絶対つけてます。

↑マスク本体とフィルター(こちらの本体にはフィルタは付いてないのでセットで買うこと)

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。

実際に作ったら
当サイトを参考にして何か実際に作ってみた際は、
是非Twitterでギャクヨガまで写真を見せてやってくださいね(*^^*)
リプ、もしくは参考にした旨記載の上@gyakuyogaを入れてツイートしてくださると助かります。
RTさせて頂きますm(_ _)m
作り方に関する質問があれば恐縮ですがYouTubeのコメント欄へお願いします。
(どの動画でも構いません、迷ったら最新の動画にコメントしてください)

個人様向け-当サイトや動画の内容の引用等についての規約
・SNS、blog、ホームページ、動画等で当サイトや当方制作動画の内容を引用して頂く事は常識の範囲内であれば問題ありません。
(動画やサイトの内容まるごと書き写し、型紙データの再配布等はご遠慮ください)
尚、サイトの画像ファイルの引用(コピー)はご遠慮ください。

・SNS、blog、ホームページ、動画等で当サイトや動画を参考にした物の写真や制作レポを掲載する場合は
参考にしたページや動画のURLリンクを掲載して頂けると、見た人がよりわかりやすくなるので助かります。

企業様、団体様向け-当サイトや動画の利用に関しての規約
こちらのページをご覧ください。

最後に
度々「どうすれば上手くなれますか?」とか「どの様にしたらそんな風に器用になれますか?」
といったご質問を頂く事があります。
自分の経験を述べると、いきなり突然上達するものではありませんでした。
僕自身はコスプレイヤーになり色々つくりはじめてもはや10数年たちますが、
初期の頃は今では目も当てられない様な仕上がりの物も多くありました。
ある程度、思う様な物ができる様になるまでに数年はかかりました。
それを踏まえて、上達のコツみたいな物を述べるなら、まず大事なのは焦らない事です。
いきなり突然上手くはなりません、上手く行かなかったとしても「自分は駄目だなぁ」などと思わず
「まずはこんなもんだ、完成できたし良し!」程度に思っておいてください。
そして、何か作る度に反省点を振り返ってください。
「ここはだめだった、次はこうしよう」という様な思考を巡らせていってください。
それが次へと繋がり、最後には積もりに積もってやがては自在に色々できる様になると僕は思っております。
当サイトがあなたのコスプレライフや物作りの楽しみにに少しでもご助力できたなら幸いです(*^^*)
尚、当サイトや動画は全て一人で作っているので拙い部分も多々あるかと思いますが、ご容赦頂ければ幸いです。