ホックの打ち方

-ホックとは
財布やバッグについている留め具の事である。

-販売店:東急ハンズ、革細工店
-値段:200円程度。
ホックには2種類ある。
留める部分が大口の"ジャンパーホック"、小口の"バネホック"(上の写真の物)の2つである。
コスプレ造形には口が大きい"ジャンパーホック"が良い。

色のバリエーションもある。



ホックを打つには専用の道具が必要になる。
まずは台。
-販売店:東急ハンズ、革細工店
-値段:1000円程度。


打ち棒。
-販売店:東急ハンズ、革細工店
-値段:500円程度。


こういった金具を扱うための道具のセット商品もある。


ホックは全4つのパーツで構成されている。
aとbが1セット、cとdが1セットになる。




-打ち方
ジャンパーホックの打ち方を解説する。

ポンチ等で穴を開ける。
←手で押しこむだけでお手軽なタイプ←ハンマーで叩くタイプ

AとBをペアにしたもの、CとDをペアにしたものを穴に通す。
赤線で示した部分を打ち棒と台を使って打ち込む。


A+Bは台の表側を使う。


C+Dは台の裏側を使う。


ハンマーで打ち棒を叩く。


打ち終わった。


補足
直接ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)ホックを付けるのは良くない。
ホックの力が強すぎるため外す際にちぎれてしまう。


この様にちぎれてしまう。


これを解消するために裏打ちする。
ボンドG10又はG17で合皮を貼り付ける。










-作例
ホルスター。
*この作例の詳しい作り方はこちら


ベルト通しにホックが打ってある。


ベルトとポーチ。
*この作例の詳しい作り方はこちら


ベルトとポーチをホックで着脱可能。



ご支援のお願い
ギャクヨガがあなたの制作の支援になりましたら、
ギャクヨガをご支援いただけると助かります(*^^*)


Amazon商品を当方まで送る事ができます、材料等まとめてます。
ご支援者様には、直筆サイン入り名刺とお手紙を送らせて頂きます。
総額5000円以上のご支援にはオリジナルグッズ※後述を返礼させて頂きます。


メッセージ付きの投げ銭サービス、登録不要で55円から手軽に支援できます。
クレカ、GooglePay決済対応。
1000円以上のご支援には、直筆サイン入り名刺とお手紙を送らせて頂きますので、
メッセージにご住所とお名前をご記入下さい。
(1000円未満の場合はweb上での手書き御礼を掲載させて頂きます)
5000円以上のご支援には更にオリジナルグッズ※後述も送らせて頂きます。
頂いたご支援金は材料購入等に使わせて頂きます。

※オリジナルグッズについて
ご支援が総額5000円、総額15000円、
総額25000円、総額35000円、
総額45000円、到達ごとに1点づつお送り致します。全て中身は別の物です。
(それ以上は現状準備してませんが、もしその際は更に1万円ごとに何か用意します)
1度のご支援でのまとめてでの金額ではなく、何度かご支援頂いた方はその合計額と
させて頂いております。

以下、御礼。
2020年11月25日
OFUSEを通じて投げ銭のご支援頂きました。
有難うございましたm(_ _)m
参考になった様でしたら嬉しいです(*^^*)


2020年11月21日
OFUSEを通じて投げ銭のご支援頂きました。
有難うございましたm(_ _)m
子供さんの発表会のお役に立てそうで嬉しいです、是非素敵な発表会になるとよいですね♪
制作がんばってください、応援してます(`・ω・´)ゞ
お礼のお手紙を送りたいのでもし見ていたら→までお返事ください。Mail



2020年11月04日
Amazonほしいものリストを通じスティックのり、
修正テープ、ミシン針をご支援頂きました。
mi-mayu_mayuさんありがとうございました、
よく使うものなので早速明日から使わせてもらいます(*^^*)


他にも多くの方々からのご支援ありがとうございました。過去のご支援へのお礼はこちら。

作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
下記の様な防毒マスクを着用する事。ギャクヨガはスプレー塗装時等はマスクは絶対つけてます。

↑マスク本体とフィルター(こちらの本体にはフィルタは付いてないのでセットで買うこと)

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。