ギャクヨガのプロフィールや連絡先
Twitter

COSボード、コスプレボード、ライオンボード等にフチドリをする

-COSボード、コスプレボード、ライオンボード等で縁取る
5mm厚のライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を細く切り出し、カドを削り落とす。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5mm厚COSボードを楽天で買う】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COSボード Sサイズ(450mm×600mm) 5mm厚 白
価格:583円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COSボード Mサイズ(600mm×900mm) 5mm厚 白
価格:1120円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COSボード Lサイズ(900mm×1800mm) 5mm厚 白
価格:3249円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COSボード Sサイズ(450mm×600mm) 5mm厚 黒
価格:650円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COSボード Mサイズ(600mm×900mm) 5mm厚 黒
価格:1344円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

【5mm厚COSボードをキャラヌノで買う】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5mm厚コスプレボードをAmazonで買う】


【5mm厚コスプレボードを楽天で買う】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コスプレボード 白5mm×660mm×500mm
価格:517円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コスプレボード 白5mm×660mm×1000mm
価格:990円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コスプレボード 白5mm×1000mm×2000mm
価格:3564円(税込、送料別) (2019/10/23時点)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

フチドリを瞬間接着剤で貼り付ける。


ライターで全体をあぶってカドを落とす。


↑ギャクヨガ愛用ライター、使いやすい! ガスがなくなったらボンベで充填しましょう

あぶり終わった。


塗装後。
*この作例の詳しい作り方はこちら


-グルーガン(ホットボンド)で縁取る
フチにグルーガン(ホットボンド)を盛り付ける。
前述の手法より断然簡単にできるので手軽。


↑ギャクヨガが愛用しているグルーガンです、口が広くてとても使いやすい!

塗装後。やはり前述のの手法に比べると綺麗なフチドリにはならない。
しかし、作品によってはダメージ表現の様に見える場合もある。
好みに応じて使うと良い。
*この作例の詳しい作り方はこちら


作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←マスク本体と交換用フィルター

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。

TOPへ戻る