ギャクヨガのプロフィールや連絡先

ハトメの打ち方

-ハトメとは
服についてる"紐を通すための金属の輪の事。
単純に装飾目的で付いている事も多い。


これがハトメ
-販売店:ホームセンター、100円均一、東急ハンズ
-値段:100円〜

色やサイズ別に種類かある。



ハトメハトメパンチを使って装着する。
-販売店:ホームセンター、100円均一、東急ハンズ
-値段:200円〜

これはダイソーの商品。
ハトメのサイズに合わせたパンチを購入する。



-ハトメの打ち方
布に目打ち等先がとがったものやポンチ等で穴を開ける。


必要に応じて穴を広げてやる。
目打ち等先がとがったもので開けた場合は、穴が小さい場合があるので筆等を
差し込んで広げる。


ハトメを穴に差し込む。


ハトメ、及びハトメパンチには表裏があるので、それに合わせて挟む。


ハトメパンチでしっかりと挟む。


打ち終わった。


裏側は開いた花ビラの様な感じにしあがっており指で触るとひっかかる感じになる。
気になる様であればグルーガン(ホットボンド)を盛り付けて保護する。
(尚、ハトメによってはこの様にならない様に裏面への保護金具が付いた物もある。)


-ハトメ打ちキット
必要な物が一式そろったキットも売られている。
こういった商品は大抵手芸店で扱われている。
-販売店:手芸店
-値段:500円程度



作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

TOPへ戻る