パーツをマジックテープで装着

-パーツを服に付ける
パーツを服につける際の定番の方法の一つとしてマジックテープを使う方法と、
安全ピンを使う方法がある。

マジックテープ装着にすると手軽に着脱できる。

-使うべきマジックテープ
マジックテープには2種類あり、
-裏に何もついてない裁縫用マジックテープ
-裏にノリがついているシール型マジックテープ
がある。

コスプレ造形においては"前者の裁縫用マジックテープ"を使う。
様々な店に売られているが
-100円均一の商品
-手芸店の切り売りの商品
が最もリーズナブルである。


-ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)への貼り付け方
裏面にグルーガンをムラなく塗る。


↑ギャクヨガが愛用しているグルーガンです、口が広くてとても使いやすい!

グルーガンの先端でなでで平らにならす。


ライターであぶる。


↑ギャクヨガ愛用ライター、使いやすい! ガスがなくなったらボンベで充填しましょう

グルーガンがこの様に少し泡を吹き始めるくらいまであぶる。


指でまんべんなく押さえながら貼り付ける。


4辺にグルーガンを塗りこみ隙間を無くす。


これで貼り終わり。


-服を縫わず、マジックテープを取り付ける
服にマジックテープを縫い付けられないはマジックテープに安全ピンを縫い付ける。
これは服側に取り付ける。
ミシンが無ければ直接服に安全ピンで付けてもよい。


-合皮に貼り付ける
グルーガンはいろんな物を接着できるが、
表面がツルツルの合皮等にはくっつき難い。
そういった物に使用する場合は、カッターナイフで表面を刻んでおけば食いつきがよくなる。

例えばこの様な合皮。


カッターナイフで刻む。


その後の流れは同じ。


-作例
肩の防具。
パーツの裏側にマジックテープグルーガンで貼りつけてある。


服側はミシンで縫いつける。


装着状態。
*この作例の詳しい作り方はこちら


他にも作例を。
こちらは白のマジックテープがはりつけてあるため写真では少々分かりづらい。
赤で囲んだ箇所にマジックテープグルーガンで貼り付けてある。


服側。
赤で囲んだ箇所にマジックテープがミシンで縫いつけてある。


装着状態。
*この作例の詳しい作り方はこちら


スネ防具。
*この作例の詳しい作り方はこちら




肩防具。
胴体の肩部からマジックを垂らし、そこに取り付ける。
*この作例の詳しい作り方はこちら




肩防具。


*この作例の詳しい作り方はこちら


運営にご協力下さった皆様へのお礼
2020年3月29日
Amazonほしいものリストを通じてAmazonギフト券をご支援頂きました。
KURONさん、ご支援ありがとうございました。
材料、資料、道具等の購入にあてさせて頂きます。
メッセージもとても励みになりました、キーブレード制作のお役に立てて嬉しいです(*^^*)


2020年3月20日
Amazonほしいものリストを通じてグルーガンのスティックをご支援頂きました。
3月19日にご注文してくださった方、ご支援ありがとうございました。
よく使う物なのでありがたく使わせて頂きます。
型紙がお役に立った様で幸いです(*^^*)


他にも多くの方々からのご支援ありがとうございました。過去のご支援へのお礼はこちら。
サイト運営継続の為、ご支援を頂けると助かります。


Amazon商品を当方まで送る事ができます、造形資材、サイトや動画制作に必要な物をリストアップしております。
ご住所を記載頂いた方にはお礼のお手紙を送らせて頂きます。
また、総額5000円以上ご支援下さった方にはギャクヨガオリジナルグッズをプレゼントさせて頂きます。

チャンネル登録が励みになります
ギャクヨガはYouTuberとしても活動しております。
チャンネル登録者の増加はとても励みになります、登録を是非お願い致します。
↓のアイコンをクリックしてチャンネル登録を押してください。


作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←マスク本体と交換用フィルター

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。

TOPへ戻る