曲面に合皮を貼り付ける

-曲面の度合いが緩い場合


合皮(2wayのエナメルレザーがオススメ)を適度なサイズに切り出す。
合皮の上でパーツをゴロゴロと転がして、その転がる範囲の1番外側+数センチを切り出す。








合皮、ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)ボンドG17又はG10を塗り伸ばす。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)の切れ端で塗りのばす。





ボンドG17又はG10が生乾きになるまで数分待機。
季節によって変わる。指で軽く触ってネトネトと付かなくなったらOK。

ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を合皮の中心に貼り付ける。


軽く全面に貼り付けていく。


シワを外側に向かって力を入れてひっぱる。



裏側に折り返す。



両手で押さえてしっかりと圧着させる。


裏側に折り返した合皮の余った部分をハサミで切り落とす。


折り返した部分を瞬間接着剤で貼り付ける。


完成


-曲面の度合いがきつい場合


合皮を適度なサイズに切り出す。
合皮の上でパーツをゴロゴロと転がして、その転がる範囲の1番外側+数センチを切り出す。


合皮、ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)ボンドG17又はG10を塗り伸ばす。


ボンドが生乾き状態になるまで数分待機。
季節によって変わる。指で軽く触ってネトネトと付かなくなったらOK。

ライオンボード(ソフトボード)を合皮の中心に貼り付ける。


軽く全面に貼り付けていく。
できたシワを外側に向かって力を入れてひっぱってやる。
シワがなくなった部分を折り返して瞬間接着剤で貼り付ける。


無理な部分は合皮を余らせる。
白く塗った部分。


余らせた部分を根元1mmぐらい残して切り落とす。


余らせた部分の片側はライオンボード(ソフトボード)に貼り付ける。
もう片側はめくりあげる。


めくりあげた側は瞬間接着剤で貼り付ける。


貼りつけた。


一通り折り返したら、手でしっかりと圧着しておく。

完成。



-作例1 兜
使用している合皮は2wayのエナメルレザー。
上側にひっぱり余らせた。


余った部分をカット。


余らせた部分を切った切れ目の上に別パーツが乗る為、、
最終的に切れ目はほとんどめだたない。


-作例2 靴のプレート


赤い箇所を切る。


完成。


ご支援のお願い
ギャクヨガがあなたの制作の支援になりましたら、
ギャクヨガをご支援いただけると助かります(*^^*)


Amazon商品を当方まで送る事ができます、材料等まとめてます。
ご支援者様には、直筆サイン入り名刺とお手紙を送らせて頂きます。
総額5000円以上のご支援にはオリジナルグッズを返礼させて頂きます。


メッセージ付きの投げ銭サービス、登録不要で55円から手軽に支援できます。
クレカ、GooglePay決済対応。
5000円以上のご支援にはオリジナルグッズを返礼させて頂きますので、
ご住所をご記入下さい。
頂いたご支援金は材料購入等に使わせて頂きます。

以下、御礼。
2020年6月14日
Amazonほしいものリストを通じてマスキングテープをご支援いただきました
6/12に注文してくださった方、ありがとうございましたm(_ _)m
よく使う物なので助かります。
作り方が参考になった様で嬉しいです。
後日お礼のお手紙送らせて頂きます。


2020年5月25日
Amazonほしいものリストを通じてAmazonギフト券をご支援いただきました
5月24日にご注文くださかった方ありがとうございましたm(_ _)m
材料などの購入に使わせていただきます。
息子さんが楽しんでくれた様で嬉しいです(*^^*)
後日お礼のお手紙送らせて頂きます。


他にも多くの方々からのご支援ありがとうございました。過去のご支援へのお礼はこちら。

YouTubeチャンネル登録、Twitterフォローお願い致します
チャンネル登録者の増加やTwitterフォロワー増加はとても励みになります、
登録を是非お願い致します。





作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
下記の様な防毒マスクを着用する事。

↑マスク本体とフィルター(こちらの本体にはフィルタは付いてないのでセットで買うこと)

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。

TOPへ戻る