当サイトについて、及びSNS等連絡先
取材、お仕事等のご依頼はこちら

カシメの打ち方
-カシメとは
カシメとは革製品にて2枚の革を合わせるのに使われる金具である。
単純に装飾として使われる場合もある。

-販売店:東急ハンズ、革細工店
-値段:200円程度。
カシメには大きさや色等様々な種類がある。





カシメを打つには専用の道具が必要になる。
まずは台。
-販売店:東急ハンズ、革細工店
-値段:1000円程度。


打ち棒。カシメのサイズに合わせた棒が必要。
-販売店:東急ハンズ、革細工店
-値段:500円程度。


こういった金具を扱うための道具のセット商品もある。


-打ち方
目打ち等先がとがったものやポンチ等で穴を開ける。

←手で押しこむだけでお手軽なタイプ←ハンマーで叩くタイプ

カシメをはめる。

台のちょうどいいサイズの窪みにあてがう。


ハンマーで叩く。


打ち終わった。


補足
装飾目的なら穴を開けて、瞬間接着剤で足がついた方を貼り付けておくだけでも十分である。


接着し終わった。


-作例
このポーチには装飾目的でカシメが多数打ち込んである。
*この作例の詳しい作り方はこちら


こちらのポーチは裏にカシメを使っている。
*この作例の詳しい作り方はこちら


ベルト通しを固定するためにカシメを打ち込んである。


この腰防具はベルトパーツを固定する為にカシメが打ち込んである。
*この作例の詳しい作り方はこちら


作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

TOPへ戻る