COSボード、コスプレボード等に
グルーガンで模様を書いたり補強する


COSボード、コスプレボード等に模様を書く場合、
もっとも手軽なのがグルーガン
道具自体の詳細についてはこちらで解説している。


↑ギャクヨガが愛用しているグルーガンです、口が広くてとても使いやすい!

-作例 膝防具
膝防具にグルーガンで模様を書いた。


塗装後。
*この作例の詳しい作り方はこちら


-作例 プレート
グルーガンでビョウの様なパーツを再現する。


塗装後。
*この作例の詳しい作り方はこちら


-作例 ウロコがついた剣
ウロコの様にグルーガンを盛り付ける。


塗装後。
*この作例の詳しい作り方はこちら


-作例 グロテスクな鎌
全面にグルーガンを塗りつける。


塗装後。


-補強に使う
ライオンボード(別名:リアラボード、ソフトボード)を貼りあわせた箇所の裏側に補強としてグルーガンを盛りつける。
激しい曲げ等負担のかかる箇所はフチに合皮や布をグルーガンで貼り付けさらに補強する。


羽の様なパーツを1.5mm厚又は2mm厚のCOSボード、コスプレボード等で作ったが、
そのままの状態だと裂けてしまいかねない。
よって、裏面にグルーガンを盛り付けて補強する。


表側からは補強は見えない。


スティックを溶かして細部に流しこんで補強するという使い方もできる。
熱源にはガスコンロでもよいが、台所を汚したりするといけないので電気コンロがオススメ。
-販売店:家電量販店
-値段:2000円程度



グルーガン電気コンロで熱して溶かす。


水道パイプの中に流し込んで補強するといった使い方が可能。


-透明な宝石パーツも作れる
ロザリオの円形の模様の中にクリアー色のグルーガンを盛り付ける。


筆でMr.カラーのクリアーレッドを塗装する。


透明感のある宝石の様な仕上がりになる。
*この作例の詳しい作り方はこちら


-塗装について
グルーガンで模様を書いたり装飾したりした部分を
塗装しても大丈夫なのか?そこだけ剥がれてこないのか?」
等と思うかもしれないが当サイトで紹介している塗装方法であれば問題無し。

ご支援のお願い
ギャクヨガがあなたの制作の支援になりましたら、
ギャクヨガをご支援いただけると助かります(*^^*)


Amazon商品を当方まで送る事ができます、材料等まとめてます。
ご支援者様には、直筆サイン入り名刺とお手紙を送らせて頂きます。
総額5000円以上のご支援にはオリジナルグッズを返礼させて頂きます。


メッセージ付きの投げ銭サービス、登録不要で55円から手軽に支援できます。
クレカ、GooglePay決済対応。
1000円以上のご支援には、直筆サイン入り名刺とお手紙を送らせて頂きますので、
メッセージにご住所とお名前をご記入下さい。
5000円以上のご支援には更にオリジナルグッズも送らせて頂きます。
頂いたご支援金は材料購入等に使わせて頂きます。

以下、御礼。
2020年9月25日
Amazonほしいものリストを通じかんめい様よりスプレーのりをご支援頂きました。
またもご支援、有難うございますm(_ _)m
そしてまたも動画を参考に制作してもらってる様で嬉しいです、今後も色々作るのでお楽しみに♪
後日、お礼のお手紙と名刺送らせて頂きます。


2020年9月24日
Amazonほしいものリストを通じ11 2222&mi-myau_myau様より
充電池、パテ、マスキングテープをご支援頂きました。
ご支援、ご応援有難うございますm(_ _)m
明日から早速使わせていただきます!今後も頑張ります(`・ω・´)ゞ
後日、お礼のお手紙と名刺送らせて頂きます。


2020年9月16日
Amazonほしいものリストを通じ通じK様よりカッターマットと、
クリーニング用綿棒をご支援頂きました。
有難うございましたm(_ _)m お子さんが楽しんでくれてる様で嬉しい限りです(*^^*)
ハロウィン仮装にもぜひどうぞ♪
後日、お礼のお手紙と名刺送らせて頂きます。


他にも多くの方々からのご支援ありがとうございました。過去のご支援へのお礼はこちら。

作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
下記の様な防毒マスクを着用する事。

↑マスク本体とフィルター(こちらの本体にはフィルタは付いてないのでセットで買うこと)

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。

TOPへ戻る