ギャクヨガのプロフィール
取材、お仕事等のご依頼はこちら

手軽な付け髭の作り方
-作例1
アゴ髭。


ウィッグから毛束を切り取る。


グルーガン(ホットボンド)で端を固める。
完成。



-ヒゲの付け方
スピリッツガムという物を使えば、よっぽどの事がない限り付け髭が落ちる事はない。
-販売店:東急ハンズ新宿オカダヤ
-値段:1300円程度


蓋についているハケで付け髭の裏側に液を塗る。


すぐに貼り付けず白くなってくるまで待つ。その後貼り付ける。
(すぐに貼り付けると粘着力が弱くなる。)


尚、この商品が手に入らない場合はアイプチで代用することも可。

-作例2
髭、眉毛、もみあげ。


セロハンテープで土台を作る。(赤い部分がセロテープ。)


セロハンテープにクリアー色のグルーガン(ホットボンド)を塗る。
そこにウィッグから切り取った毛を貼り付ける。


毛を貼り付けたら、ほつれない様にその上から少しグルーガン(ホットボンド)を塗る。


同じ流れで他のパーツも作る。
完成。


-作例3
髭、アゴ髭。


セロハンテープをヒゲを生やしたい箇所に貼り付ける。
(赤線部がセロハンテープ。)


剥がしたセロハンテープを後に再びはがせるような物の上にのせる。


セロハンテープにクリアー色のグルーガン(ホットボンド)を塗る。


ウィッグから切り出した毛を貼り付ける。


はみ出した部分をカットする。
完成。


-作例4
髭、アゴ髭。


口髭を作る。
場合はウィッグの毛束の先端部を切り出す。


毛束に薄くグルーガン(ホットボンド)を塗り固める。
完成。


アゴ髭を作る。
セロハンテープをヒゲを生やしたい箇所に貼り付ける。
(赤線部がセロハンテープ。)


セロハンテープにクリアー色のグルーガン(ホットボンド)を塗る。
切り出した毛を貼り付ける。


はみ出した部分をカットする。
完成。


-作例5
髭、アゴ髭。


パーティーグッズの髭をベースに使う。


アゴ髭を作る。
程よいサイズに切る。
端と端にゴム紐をグルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。


口髭を作る。
毛を切ってグルーガン(ホットボンド)で固める。


完成。



-作例6
アゴ髭を作る。


パーティーグッズの髭をベースに使う。


程よいサイズに切る。
端と端にゴム紐をグルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。


完成。


-作例7
アゴ髭。


リング型のつけ毛を切断する。
端と端にゴム紐をグルーガン(ホットボンド)で貼り付ける。
完成。


作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

TOPへ戻る