当サイトについて、及びSNS等連絡先
取材、お仕事等のご依頼はこちら

古代のスケールメイルの作り方


一式作るのに必要な材料費
[型紙作り用材料]
・画用紙 10枚
工作用紙 5枚
・ハトロン紙 3m
・セロテープ 3個
・ガムテープ 1個

[主材料]
ライオンボード、COSボード、コスプレボード等
→2mm厚(1.5mm厚でも可) 100cm X 100cm
→5mm厚 100cm X 100cm
タミヤ社製プラスチック板0.5mm厚 15枚
・合皮 100cm X 100cm
・布 100cm X 500cm
・ファー 100cm X 500cm
・透明プラスチック球 1個
ボンドG17(G10でも代用可) 100ml
液状の瞬間接着剤 30本
WAVE社製黒い瞬間接着剤 1本
ポリエステルパテ 100g
ホットボンド(グルーガン) 30本(冷却用にエアダスターも1本あると便利)
自遊自在
→直径3.2mm 150cm
アルミ棒 1本
グラスファイバー製の園芸用の棒 1本
マジックテープ 40cm
カシメ10個
ハトメ10個
・リング状の金具 4個
片面シリコン複製に必要な物一式
両面シリコン複製に必要な物一式

[塗装用材料]
1.ジェッソ塗装の場合
ジェッソ 200ml
・ラッカー塗料(Mr.カラーラッカースプレー) or アクリル絵の具 適量※

2.Gボンド塗装の場合
ボンドG17(G10でも代用可) 100ml
ラッカー薄め液 100ml
・ハケ(使い捨ててしまってよいもの) 1個
・紙コップ、お椀等の容器(使い捨ててしまってよいもの) 1個
・ラッカー塗料(Mr.カラーラッカースプレー等) 適量※

※塗料のパッケージに塗装可能面積が記載されている為、それを参考に購入する事。詳しくはこちら。

一式作るのに必要な材料費
30000円

道具
・筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン、マジック、定規)
・ハサミ
カッターナイフ(刃は特選黒替刃がオススメ、刃折器もあると便利)
カッターマット
グルーガン本体
ライター
ハンダゴテとハンダゴテ台
・ノコギリ(パイプカッターでも可)
フリーウェイコッピングソー
・紙ヤスリ1枚(400番)
筆等の塗装用具
・ドリル
・ペンチ
ポンチとハンマー
カシメに必要な道具一式
ホックに必要な道具一式
ハトメパンチ
・ミシン
・裁縫道具
プラ板加工に必要な物(120〜600番程度の紙ヤスリ、歯ブラシ、棒ヤスリ等)

持っているとより便利な道具
アートナイフPRO
アルテコスプレープライマー
瞬間接着剤を瞬時に硬化させる事ができ、非常に作業が捗るスプレー。
ダーツ等細かい接着時に大活躍。詳しくはこちら
←100ml ←180ml ←420ml

一式作るのに必要な制作時間
200時間

スペック
-

型紙データ
-

造形作業時の注意
事故防止や健康の為に以下の事に配慮しましょう。

-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くでライターや熱を持つ道具を使わない事。

-工具のコンセントやスイッチは使い終わったらすぐにOFFにする事。

-材料や道具のラベルをよく読み、使い方を理解する事。

-不明点等あれば管理人「ギャクヨガ」までTwitterアーカイブMail等にて質問ください。

作り方



兜の作り方


服の作り方


レジンキャスト製パーツ
の作り方


ライオンボード製パーツ
の作り方


プレートの作り方


ベルトの作り方


籠手の作り方
一通りの流れをダイジェスト動画で視聴できます


















TOPへ戻る