ヴァンパイアセイヴァー
リリス、モリガンの翼の爪の作り方(型紙付き)



材量
[型紙作り用材料]
工作用紙 1枚

[主材料]
タミヤ社製プラスチック板0.5mm厚 1枚
ポリエステルパテ 100g
・針金 50cm
両面シリコン複製に必要な物一式
・シリコン 240g
・レジン 80g

[塗装用材料]
ラッカースプレー 適量※

※パッケージに塗装面積が記載されている為、それを参考にする。詳細はこちら

材料費
1000円

道具
・筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン、マジック、定規)
・ハサミ
カッターナイフ(特選黒替刃刃折器も使う事を推奨)
カッターマット
・ドリル又はピンバイス
プラ板加工に必要な物(紙ヤスリ等)

あると便利な道具
アートナイフPRO
アルテコスプレープライマー

制作時間
6時間

スペック
-

型紙データ


作業時の注意
-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←マスク本体と交換用フィルター

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くで火を使わない事。

-工具は使い終わったらコンセントを抜く事。

-材料や道具のラベルを読み、使い方を理解する事。

-最後に
作業には危険の伴うものもあります。「これは危険で難しそうだ、これは真似できそうにない」と思ったものは
無理せず省略等しましょう。作業中に何かしら事故が起きても当方では責任を負う事はできません。
あくまでご自身の判断による作業をお願い致します。

型紙を作る
工作用紙を使って型紙を作る。



運営にご協力下さった皆様へのお礼
2020年3月29日
Amazonほしいものリストを通じてAmazonギフト券をご支援頂きました。
KURONさん、ご支援ありがとうございました。
材料、資料、道具等の購入にあてさせて頂きます。
メッセージもとても励みになりました、キーブレード制作のお役に立てて嬉しいです(*^^*)


2020年3月20日
Amazonほしいものリストを通じてグルーガンのスティックをご支援頂きました。
3月19日にご注文してくださった方、ご支援ありがとうございました。
よく使う物なのでありがたく使わせて頂きます。
型紙がお役に立った様で幸いです(*^^*)


他にも多くの方々からのご支援ありがとうございました。過去のご支援へのお礼はこちら。
サイト運営継続の為、ご支援を頂けると助かります。


Amazon商品を当方まで送る事ができます、造形資材、サイトや動画制作に必要な物をリストアップしております。
ご住所を記載頂いた方にはお礼のお手紙を送らせて頂きます。
また、総額5000円以上ご支援下さった方にはギャクヨガオリジナルグッズをプレゼントさせて頂きます。

組み立て
材料を型紙の形に切る。
0.5mm厚のタミヤ社製プラスチック板を切り出す。



ポリエステルパテを盛り付ける。
硬化するまで待つ。

←120g ←1kg

カッターナイフで形を削りだす。


ポリエステルパテを盛り付ける。
硬化するまで待つ。


カッターナイフで形を削りだす。


400番前後の紙ヤスリで研磨する。


ポリエステルパテを盛り付ける。
硬化するまで待つ。


400番前後の紙ヤスリで研磨する。


ラッカーパテをMr.カラーのうすめ液で溶く。



ヘコミや傷にMr.カラーのうすめ液で溶いたラッカーパテを塗る。


400番前後の紙ヤスリで研磨する。


両面シリコン型で複製する。
両面シリコン型による複製についてはこちらで詳細に解説。
枠をセットする。







シリコンを注ぐ。
両面シリコン型による複製についてはこちらで詳細に解説。





シリコンが硬化したら枠を外す。
粘土を外す。
枠をセットする。
両面シリコン型による複製についてはこちらで詳細に解説。


シリコン型が完成した。
両面シリコン型による複製についてはこちらで詳細に解説。


レジンキャストで複製する。
両面シリコン型による複製についてはこちらで詳細に解説。



400番前後の紙ヤスリで研磨する。


ドリルかピンバイスで穴を開ける。



針金を使う。
ペンチで切る。


液状の瞬間接着剤で接着する。


ヘコミや傷にWAVE社製黒い瞬間接着剤を盛り付ける。



400番前後の紙ヤスリで研磨する。


チャンネル登録が励みになります
ギャクヨガはYouTuberとしても活動しております。
チャンネル登録者の増加はとても励みになります、登録を是非お願い致します。
↓のアイコンをクリックしてチャンネル登録を押してください。


塗装
塗装する。
下地としてプラサフを塗装する。
両面シリコン型による複製についてはこちらで詳細に解説。



ラッカースプレーで灰色を塗装する。


実際の塗装はエアブラシも使って行った。
色の濃淡や陰影を表現したいならエアブラシの導入を推奨する。
エアブラシの詳細はこちら


↑初心者にオススメのセット、エアブラシ塗装に必要なものが一式セットになってます。
私も昔使ってました。


↑私が現在使っているハンドピースとコンプレッサー(上級者向け)

完成写真
質問や感想、制作のリクエストがあればYouTubeのコメント欄へお願い致します。
(どの動画のコメントでも構いません。)















TOPへ戻る