当サイトについて、及びSNS等連絡先
取材、お仕事等のご依頼はこちら

腰から生えた悪魔の翼の作り方(型紙付き)


材量
[型紙作り用材料]
工作用紙 5枚
・セロテープ 3個
・ガムテープ 1個

[主材料]
工作用紙4枚
タミヤ社製プラスチック板0.5mm厚 4枚
ホットボンド(グルーガン) 10本(冷却用にエアダスターも1本あると便利)
自遊自在
→直径6mm 100cm
・紐 10m
・フック 1個

[塗装用材料]
1.ジェッソ塗装の場合
ジェッソ 50ml
・ラッカー塗料(Mr.カラーラッカースプレー) or アクリル絵の具 適量※
マスキングテープ 1個

2.Gボンド塗装の場合
ボンドG17(G10でも代用可) 100ml
ラッカー薄め液 100ml
・ハケ(使い捨ててしまってよいもの) 1個
・紙コップ、お椀等の容器(使い捨ててしまってよいもの) 1個
・ラッカー塗料(Mr.カラーラッカースプレー等) 適量※
マスキングテープ 1個

※塗料のパッケージに塗装可能面積が記載されている為、それを参考に購入する事。詳しくはこちら。

材料費
1500円

道具
・筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン、マジック、定規)
・ハサミ
カッターナイフ(刃は特選黒替刃がオススメ、刃折器もあると便利)
カッターマット
グルーガン本体
筆等の塗装用具
・ペンチ

持っているとより便利な道具
アートナイフPRO
アルテコスプレープライマー
瞬間接着剤を瞬時に硬化させる事ができ、非常に作業が捗るスプレー。
ダーツ等細かい接着時に大活躍。詳しくはこちら
←100ml ←180ml ←420ml

制作時間
10時間

スペック
-

型紙データ
PDF形式(A4サイズ) or JPG形式

・ブラウザ上から印刷すると実寸にならない場合があります。ファイルに保存した物を印刷してください。
・PDF形式はAdobe Reader(無料)というソフトを使って開いてください。
・JPG形式は倍率100%で印刷すると実寸になります。
・印刷後、スプレーのりで画用紙等に貼り付けて使うと扱いやすくなります。
・型紙の端にある方眼は実寸で印刷された事を確認するための目安です。
・型紙中のx1、x2といった記載はパーツの切り出し枚数です。(記載してない物もあります。)
尚、両肩、両足分必要等の場合は2倍の数を切り出してください。
・型紙中の2mm、5mmといった記載はライオンボード、COSボード、コスプレボード等の厚みです。(記載してない物もあります。)

造形作業時の注意
事故防止や健康の為に以下の事に配慮しましょう。

-シンナーを含んだ物(ボンドG17やボンドG10ラッカー薄め液等)やスプレーを使う際は換気をよくすること。
防毒マスクを着用する事。
←私が使っている防毒マスクとフィルターです。

-材量等を火であぶる際は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-材料等をハンダゴテで掘る場合は、換気をよくすること。
また、煙を吸わない事、煙を目にいれない事、防毒マスクを着用する事。

-塗料、シンナー、ボンドG17やボンドG10等燃えやすい物の近くでライターや熱を持つ道具を使わない事。

-工具のコンセントやスイッチは使い終わったらすぐにOFFにする事。

-材料や道具のラベルをよく読み、使い方を理解する事。

-不明点等あれば管理人「ギャクヨガ」までTwitterアーカイブMail等にて質問ください。

作り方
工作用紙を使って平面図を作る。



平面図に画用紙で肉付けする形で型紙を作る。



切り貼りして理想の形に近づける。


理想の形ができたら、それを平面になる様に切り開いた物を正式な型紙とする。


型紙の端をマジックペンやボールペンで材料に写す。
工作用紙を切り出す。


ホットボンド(グルーガン)で貼り合わせる。



貼り終わった。


塗装する。
ライオンボード、COSボード、コスプレボード等に塗装をする際は、
下地を事前に塗る事で下記の様に質を上げる事ができる。

・発色がよくなる
・塗装が剥げにくくなる
・ツヤが良く出る(ツヤ消しに仕上げたい場合はツヤ消し塗料を使えばよい)
・塗料のノリがよくなり消費する塗料の量を節約できる

(下地を塗らなくても塗装はできる。質を求めるなら下地を塗るとよい。)

下地は主に2種類ある。
-------------------------------------------------------------------------------------------
1.ジェッソ塗装 [手軽、万人向]

下地剤のジェッソはシンナーを含まず無臭の為、臭いの心配が無い。
筆で塗るだけで簡単に下地処理可能。塗料にアクリル絵の具も利用できる。
武器や小物、防具2,3点などを手軽に仕上げたい方にオススメ。
但し、Gボンド塗装より塗装が剥げやすいので、動きの激しい防具や全身甲冑等には若干不向き。
詳細な作業手順はこちらで解説。

下地剤:ジェッソorブラックジェッソ
or

塗料:ラッカースプレーMr.カラー or アクリル絵の具
or
-------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------
2.Gボンド塗装 [万能だけど面倒、造形慣れした人向け]

ホームセンターで材料が揃う点は楽だが、シンナー臭が充満し室内では行うのは厳しい。
手間のかかる手法だがそう簡単に塗装が剥がれない。万能の手法。
動きの激しい防具や全身甲冑等に最適。
未乾燥状態のGボンドは引火性が高い。乾燥するまでは火気厳禁ライターであぶる等の行為は絶対にしない様に。
火がつくとあっという間に炎上し、黒コゲになります。
詳細な作業手順はこちらで解説。

下地剤:ボンドG17(G10でも代用可)ラッカー薄め液で薄めた物
←甲冑等の大物なら ←小物なら

塗料:ラッカースプレーMr.カラー

-------------------------------------------------------------------------------------------

以降の解説はジェッソ塗装を使ったものとなる。


ジェッソをハケで2,3度塗り重ねる。
4,5時間放置して乾燥させる。(気候により1,2時間で乾く事もあるが4,5時間は放置したほうが無難。)


ラッカースプレーで黒を塗装する。

直径6mmの自遊自在を差し込みホットボンド(グルーガン)で貼り付ける。

←様々な太さ有り

自遊自在の中心に紐で輪っかを作る。
その紐にひっかける様に紐をつけたフックを肩からかける構造にする。(赤線部)


Youtube版と完成写真
Youtubeで当作例のダイジェスト版動画をUPしています。
こちらもご視聴頂けるとやる気に繋がるので有り難いです。
質問や感想があれば動画のコメント欄に記載してもらえれば返答させて頂きます。






TOPへ戻る